万引き家族》意味や伏線・家族構成の解説!結末のネタバレや感想まで

2018年の6月8日に映画「万引き家族」が公開されましたね!

この万引き家族はカンヌ国際映画祭にてパルムドームを受賞した映画です!

どんな映画か気になる方もいらっしゃると思いますので、家族構成やシーンの意味、または伏線などを解説していきます。

カンヌ国際映画祭にてパルムドールを受賞した映画だけあってなかなか奥の深いものとなっています。

 

また「万引き」がタイトルに入っているのでそれだけで批判もあるような賛否両論ある映画にはなっています。

最後には個人的な感想なども交えたいと思います。

また万引き家族は結局どのような結末を迎えるのかなどのネタべバもありますのでご注意ください!

※以下ネタバレを含みます。読まれる方はご注意ください。

万引き家族》意味や伏線・家族構成の解説!

万引き家族がどんな映画なのか軽く解説いたします。

監督:是枝裕和監督

是枝裕和監督作品:「誰も知らない」「そして父になる」

ジャンル:人間ドラマ

あらすじ

治(リリー・フランキー)と息子の祥太は万引きが日常でした。いつもの万引きを終えて帰宅途中にじゅり(佐々木みゆ)を見つけて家へ連れて帰ります。

知らない子供を連れて帰った夫に戸惑う妻・信代(安藤サクラ)だが、虐待を受けていた痕跡をみて、家で面倒を見ることに。信代の妹の亜紀(松岡茉優)を含めた一家は、初枝(樹木希林)の年金を頼りに生活している。

しかしこの一家はみな犯罪を通じて繋がり合っている。

といった感じです。

「万引き家族」一家の構成

「万引き家族」に出てくる一家ちょっと複雑です。

なのでどういう構成なのかちょっとまとめてみました。

ちょっと分かりづらいかもしれません。

またもしかすると違っているかもしれませんがご了承ください。

 

治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)は息子の祥太がいます。

そして娘同然に世話をしていくじゅりがいます。

一緒に住んでいる祖父母の初枝(樹木希林)と信代の妹の亜紀(松岡茉優)です。

 

普通の一家に見えますがこの一家の繋がりはこんな繋がりがあります。

なんとも言えません。

祥太とじゅりは結局犯罪絡みで繋がっています。

 

そして治と信代は過去に信代の元旦那をあやめ、埋めています。

初枝をものすごく大好きなおばあちゃんと呼んでいつもくっついていた亜紀

映画後半になって元旦那の息子か娘の家族からお金をもらうために仲良くしていた?と亜紀は思うようになります。

 

複雑に絡み合った一家

しかしどこの家庭とも変わらない愛のあふれる描写がものすごくリアリティあふれる演出で描かれています。

愛があれば血縁関係や繋がりのきっかけは関係ないと主張しているようです。

しかしながら、家の中はどこか暗さを感じる演出もあり、闇を抱えている雰囲気がなんとも言えません。

様々なシーンで出てくる伏線

 

「万引き家族」を鑑賞して気づいた伏線をいくつかまとめておきます。

物語をちょっと視点を変えて楽しむ程度のレベルです。

 

・クリーニング屋で働いている信代が何かをポケットに入れてくすねている

→後に祥太へネクタイピンをあげている。「偽物だよ」と言っており、クリーニング屋でくすねていたのはネクタイピンであったとわかる。

 

・初枝は年金と慰謝料が収入だ、みたいな事を発言し信代が「慰謝料?」と聞いている。

→後に初枝は元旦那の息子or娘家族のところへ線香を上げに行き毎回お金(3万円)をもらっている描写がある。これを慰謝料と信代は捉えていたのだろう。

 

・亜紀が治に「ねえ、いつしてんの?」と問いかけ、治は「俺らは心で繋がってるんだ。何で繋がってると思ってたんだ?」と聞き亜紀は「お金かな」と答える

→後に亜紀は自分とおばあちゃんとの繋がりこそがお金の繋がりだったと気づく

 

・祥太と治の万引きシーンで釣り竿を盗んでいる

→後にその釣り竿で魚釣りをしている

 

・じゅりは万引き家族一家に入り、髪をバッサリ切っている

→祥太が万引き家族を離れ施設に入ったとき、祥太も髪をバッサリ切っている

 

・祥太は万引きしてもいいよね?と信代に問いかけ信代は「そのお店が潰れないなら良いんじゃない」と言っている

→祥太が万引きしたイモトヤが潰れる

 

・祥太は信代とラムネを飲んだあと家でビー玉を眺めている。それをみたじゅりは興味津々に祥太に「何それ?」と聞いている

→ラストシーンでじゅりはたくさんのビー玉で遊んでいて、外を眺める描写で終わっている。

 

これくらいでしょうか^^;

セリフなどは記憶で書いているので完璧ではありませんが・・・

 

こういうのを細かく見ても楽しみが増えるかもしれませんし、考えさせられることも増えていきます。

万引き家族》結末のネタバレや感想まで

スポンサードリンク

この映画の結末です。

犯罪で繋がっていた一家が祥太の万引きがバレることによって次々にバラバラになっていきます。

そして知ることのなかった事実をみんなが知っていきます。

 

愛で繋がっていた部分も離れていきます。

 

感想ですが・・・・

映画の雰囲気的にはキャストの素晴らしさをとてつもなく感じることができました。

樹木希林さん、リリー・フランキーさん、松岡茉優さん、安藤サクラさんの演技は最強です。

リアリティがすごく、まるで本当に存在する世界観でした。

 

個人的には松岡茉優さんの水着や制服姿にやられましたがww

 

人間の奥底に潜む恐怖や愛情を表した映画であると感じました。

さいごに

今回は

「万引き家族」の一家の構図や解説、伏線や感想についてでした。

賛否両論ある映画はとても考えさせられるので良い経験になります。

今までとは違う新たな視点を持てるようになり、今後の人生に行かせていけるような気がします。

 

また目黒で起きた少女虐殺事件が映画公開とほぼ同時に起きて繋がっているということも・・・

http://noriwl.com/movie/4743/

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です