【宮根誠司の隠し子】A子さんへの謝罪メール内容や時系列まとめ!

宮根誠司の隠し子問題

これ結構闇が深かったです

ことの発端は7年前の「セブン」で宮根誠司自身が

「宮根誠司に隠し子!  語り尽くした4年の苦悩」

という記事が掲載され世間に宮根誠司の隠し子が知れ渡りました。

しかし隠し子の母親でもあるA子さんの証言などから時系列にしてまとめてみると宮根誠司の話がおかしいということがいつくも浮かび上がります。

そして宮根誠司がA子さんへむけて送った謝罪メールも、A子さんは口だけの内容だったと語る。

一体どんな内容のメールだったのでしょうか!?

一気にご紹介していきます

スポンサーリンク

宮根誠司の隠し子事件の時系列まとめ!!

宮根誠司の隠し子の問題について結構ややこしいので時系列でまとめてみました!!

【登場人物】

・宮根誠司

・宮根誠司の奥さん

・A子さん(隠し子の母親)

・A子さんの父親

【2004年4月ころ】

宮根誠司とA子さんが、A子さんが働いている大阪北新地のクラブで出会う

(宮根誠司とA子さんは交際)

【2006年8月ころ】

宮根誠司は現在の妻と再婚

A子さんは宮根誠司に「先に出会って付き合っている人がいる」と打ち明けられる

(A子さんは二股関係を嫌っていたが宮根誠司と別れたり付き合ったりの繰り返し。この時点でA子さんには結婚をしているとは伝えていない)

【2007年6月8日】

A子さんは宮根誠司の子どもを妊娠

宮根誠司が結婚していると知らないA子さんは喜んでくれるだろうと宮根誠司に電話で報告

宮根誠司は「え?」と困惑したリアクション

【2007年6月12日】

A子さんは宮根誠司から「実は結婚している」と告げられる

【2007年6月13日】

宮根誠司から長文の謝罪メール

【2007年12月ころ?(文春では妊娠から半年後との記載)】

A子さんの両親に対して土下座で謝罪

宮根誠司の「一生をかけて償う」という言葉にA子さんも両親も宮根誠司を許す

【2008年2月】

A子さんは娘を出産

【2008年3月】

A子さんの娘さんと宮根誠司が対面

【2008年4ころ月】

宮根誠司からは「娘はどうしている?」と毎日のようにメールが送られてくる

【2008年12月】

宮根誠司が結婚をブログで公表。ミヤネ屋で花束を貰って祝福される

【2008年8月】

宮根誠司がテレビで祝福されている事に

「なんで私だけが世間に隠れて生活を我慢しなければいけないのか・・・」

と思った。

宮根誠司はまだ奥さんに本当のことを伝えておらず、隠そうとしていた。

A子さんはそれならばせめて宮根誠司の母親には知ってもらいたいと、10時間かけて車を走らせ宮根誠司の実家を見つけ出し、宮根誠司の母親へ娘を連れていった。

【2012年1月19日】

女性セブンに隠し子の記事が掲載(宮根誠司自身が激白)

しかし内容はA子さん曰く真実とはかけ離れたものだったそう・・・

嘘の内容が多く、まるでA子さんは宮根誠司が既婚者と知りつつも付き合っていた愛人のような風にかかれていた。

A子さんは周りから「宮根誠司の愛人」「男好き」と言われ人間不信にまでなった

【2017年10月】

A子さんは文集へ真実を語るきっかけとなるある事実を知る

それは娘が1歳の時(2008年ころ)

宮根誠司と宮根誠司の奥さんがA子さんの父親を、A子さんに黙ってホテルへ呼び出し

「こんなことになって、どうしてくれるんだ?」と攻め立てていた事実が判明

宮根誠司が謝罪をしてきたときには許したA子さんの父親

「養育費が余った場合は、その分を貯めて彼が困った時に助けてあげなさい」とも語っていたとても器の大きなA子さんの父親

A子さんの子育てを何一つ言わずにサポートしてくれた父親

そんな父親へこんな行動をしていた事を知ったA子さんはもう我慢の限界になり、文集へ真実を語りに言った

【2017年10月】

宮根誠司とA子さんは接触

A子さんは宮根誠司に

「奥さんに私の父親と私にに謝罪をしてほしい」「世間に公表する気でいる」告げるも・・・

宮根誠司は

「父親に会いにいたことは言ってなかったっけ?」

「僕は全然、腹を括るので公表しても良いです。仕事がなくなって、社会的に叩かれるかもしれないけど、甘んじて受け入れます」

「でも、2年後くらいにはまた復帰する」

「僕のことが嫌いなの?」

「僕と戦うんですか?」と高を括ったような態度で発言したという・・・

【2017年11月30日】

文春へ

宮根誠司“隠し子”の母が心中を激白

の記事が載る

以上のような流れになります。

なかなかハードな内容だったかなと思います。。。A子さんに同情してしまいます

宮根誠司のA子さんへの謝罪メールの内容は?

スポンサードリンク

宮根誠司がA子さんが妊娠した時に「実は結婚している」と告げ、A子さんを相当悲しませてしまった時に送ったメール内容が公開されています。

本当にごめんなさい。自己保身と言われてもしょうがないですけど君のことは本当に好きでした。

彼女と付き合って何年かして君が僕の前に現れました。

僕は君のことが好きになりました。

只結婚は考えていませんでした。只只君を応援しなければいつかキミを新地でトップにすると張り切っていました。

それは信じてください。

籍のことは君との関係を失いたくなくていえませんでした。

本当に好きでした。

僕はこれから償いたいそして頑張ります。

彼女の人生もあります。

一生かけてどんなことしても償います。

何日も寝ていないので混乱しててごめんなさい。

僕は大馬鹿者です。

でも君のこと本当に好きでした。

必ず報います。

それだけは信じてください。

見を子にして働いて必ず幸せにします。

だから言うのだけは許してください。

お願いします。

信じてください。

お願いします。

僕の言っていることは都合のいいことばかりなのはわかっています。でもこれしか言えません。

お願いします。許してください。

お願いします。一生かけて償います。

お願いします。一生懸命働いて報います。

だから言うのだけは勘弁してください。

死ぬまでやり通しますからお願いします。

必ずやります。信じてください。

お願いします僕に機会をください。

全力でいい人生だったと言えるように頑張ります。

お願いします。僕を信じれください。

お願いします。死ぬ気で頑張ります

といった内容ですね・・・

しかし文春へ告げられた後、何も一言も語らずに「事務所を通してください」一点張り

宮根誠司は今後どのような対応になるのでしょうか??

最後に

今回は宮根誠司の隠し子の母親の激白から、時系列でまとめてみました。

A子さんもそうとう辛かっただろうなと思います。

今後メンタル面も生活面も改善していけばなと思ってます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ