薮田投手の凄さ①

さあ、本日はカープが接戦を制し、ヤクルトに勝利しました。

カープ結果速報

広1-0ヤ

決勝点は菊池選手のホームラン

菊池選手、今季13号目ですからやっぱパンチ力ありますねー

最終回の今村投手にはひやっとしましたが勝てたので良かった!w

さあ!明日は薮田投手が登板します!

以前、薮田投手についてすこし触れたんですが、

今回は薮田投手のストレートについて書いていこうと思います!

スポンサーリンク

平均急速

薮田投手の平均球速は、150km/h近くにもなります。

先発投手で平均球速が150km/h超えるのは日本ハムの大谷投手か阪神の藤浪投手くらいでは無いでしょうか?

それくらい先発で平均球速を150km/hにするのは困難なのです。

平均球速が速いと何が良いかというと、やはりバッターは差し込まれるのを嫌がります!!
タイミングがずれて、差し込まれるのが本当に嫌なんです!(大事なことなので2回言いました)

なので球速が速いと、差し込まれないようにタイミングを早く取ろうとします。
そうすることにより、薮田投手からしてみれば、変化球が生きてくるわけです。

つまり、平均球速が速いと
・打者はタイミングを早く取ろうとする
・変化球が生きてくる
・打者は変化球も意識する
・狙い玉が絞りにくい
・打ちにくい

となってくるわけですね!

薮田投手は変化球も多彩に持っていますので優秀です!
私も150km/hを一度でもいいから投げてみたいな・・・・

ストレートの回転数

ストレートは回転数と回転軸が非常に重要だと言われています。

阪神の藤川球児選手の全盛期のストレートは(当時は火の玉ストレートと呼ばれており、あの西武の55本HR怪物のカブレラでさえストレートとわかっていて打てなかった)、回転軸が地面の垂直に対して5度しかぶれていませんでした。
平均が30度なのでいかにすごいかがわかります。

薮田投手の場合は、具体的な数字が出てないので申し訳ないのですが、回転数は平均投手よりも随分上だと思います。
回転軸に関しては今後調査します!!www

nori’s eye

薮田投手のストレートを例えるなら、バズーカ砲ではないでしょうかw

小さなテイクバックから、いきなり150km/hの威力のあるストレート!
まさに、バズーカ砲・・・・

パワプロで阿畑にであったら、ヤブタバズーカと・・・・(大シケ)

男気あふれる薮田投手!!
明日の活躍に期待したいところであります!!

今夜は少し内容が薄いような気がするでやんす。。(うるさいめがね)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ