カープ好調の原因は薮田投手にあった?成績や今後の課題について!

最近カープの快進撃が止まりません

2位との差を見ても、今シーズンの優勝はほぼ決まってきたように思えます。

そんなカープの好調の原因の一つ、薮田投手(プロ3年目:25歳)についてすこしまとめてみました!

スポンサーリンク

薮田投手ここまでの成績

まずは薮田投手の今年の成績を見てみます。(2017.08.15現在)
登板数:32
勝利数:11
敗北数:2
HP:6
完投:1
完封:1
勝率:.846
防御率:.259

主な数字は以上です。

HPは、薮田投手は今年中継ぎをしていたのでついた数字です。
いやー、最初から先発していたら勝利数はハーラートップになっていたのではと思える数字ですね笑

とにかく勝率がすごい!笑
2敗しかしていないのは驚きです!w
この勝率の良さはどこから来ているのか!?

大量失点をしない粘り強さ

これは非常に大事だと思っています。

特に今年のカープは打線がいいので、少し点を取られても逆転してくれる安心感があります。
ただ、いくら打線がいいと言っても先発投手が試合を作ってくれなければ、打線もうまくつながらないものです…

先発投手の安定度を示す数字として、QS(クオリティ・スタート)率があります。
薮田投手のQS率を見てみましょう。

先発数:9
QS:8

なんとQS率が脅威の.889!!

びっくりしましたw
まあ、まだ先発数がそこまで多くないのでなんとも言えませんがすごいです。

薮田投手がしっかりと試合を作ってくれるので、試合に良いリズムが生まれて、打線もつながっていくのです。

ちなみに薮田投手への援護率は5.06ですw
これもすごいw
カープ打線、すごいですねw

nori’s eye

生意気にも私なりの考察をしてみますww

今後の薮田投手

薮田投手、非常にポテンシャルの高い投手だと思っています!

黒田博樹選手のような、男気があって、チームの柱となれる可能性は持ち合わせていると思います。

特にストレートに関しては、現在のプロ野球の先発投手の中でもTOP3にランクインされるくらいのものではないでしょうか?

課題

ただし、課題の一つとして、制球力があると思っています。

投手の個人能力を示す数字の一つにK/BBがあります。
薮田投手のK/BBは 2.51です。
薮田投手の奪三振率は高いのですが、K/BBが今ひとつかなと。。

私は薮田投手であればもっと上にいけると思っています!!
7.00以上の数字は残せるのでは!!

楽しみです!

次回登板

次回登板は、普通に行けば週末のヤクルト戦になるでしょう!
GS率に注目したいものです!
また、援護率も5.06ですので、打線の爆発も見られると思います笑

今後も薮田投手について色々と考察していければと思います!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ