沸騰ワード10の美少女レーサーは誰?野田樹潤の小学校や金持ちの経歴がすごい

2017年の9月22日に放送された「沸騰ワード10」

そこに出演して話題になっているのが美少女レーサー!

なんと年が11歳!まだ小学生というのだから驚きです!

今までも何度かメディアに取り上げられていましたが、この美少女レーサーについてご紹介していきます〜

スポンサーリンク

沸騰ワード10に美少女レーサーが登場!誰なのかと話題

「沸騰ワード10」に出演していたのは野田樹潤ちゃん!!

小さな頃から、レーシングをしているそうです!

そんな美少女に対して、一体どんな娘なのかと、話題沸騰です。

まずはプロフィールから、見てみましょう!!

野田樹潤のプロフィール

美少女レーサーは野田樹潤(のだじゅじゅ)さん!

一回の変換では樹潤が出てこないと思います(笑)珍しい名前ですね!

・名前:野田樹潤(のだじゅじゅ)

・生年月日:2006年2月2日(11歳)

・出身:東京都

・活動:岡山県美作市

2006年生まれって・・(笑)

野田さんは、11歳にしてプロのレースドライバーのようです。

F4(フォーミュラ)といって、モータースポーツのカテゴリに分類されます。排気量は最大2000ccです。ちなみに3歳の時にレーシングカートを始めたみたいです!すごいですね!(笑)

F1ならよく聞くのですが、F4って?

どうやらF1とはエンジンの出力が違うようで、F4はジュニア・フォーミュラともいうみたいです。

野田ちゃんの運転している動画がこちら


かっこいいですね〜

野田樹潤の小学校はどこなのか

そんな天才美少女レーサーの野田ちゃんですが、現在どこの小学校に通っているのでしょうか?

現在野田ちゃんは小学6年生。

卒業も間近ですが、進学先の中学校も決まっているのでしょうか?

活動拠点が岡山県美作市なので、そこにある公立小学校では、美作市美作北小学校があるので、そこではないかと噂されています。

しかし実は野田さんの父親が元F1レーサーの野田英樹さんという方で、その野田英樹さんが校長を務めるNODAレーシングアカデミーという学校の初等部に通っているそうです。

初等部とは小学生で、中等部(中学生)、高等部(高校生)となって意味そうです。

ですので、野田ちゃんは中学高校もこのNODAアカデミーで進学しそうですね!

この学校では、学校の強化を履修しながらプロのドライバーを目指すことができるそうです!


スポンサードリンク

野田樹潤金持ち!?経歴がすごい

F4のレースの時速は200km/hをゆうに超えます。

その気持ちとメンタリティ、また身体能力は11歳にして桁外れではないでしょうか?

F1の世界では年収が○○億円とか聞きますが、F4のレースの賞金はどうなんでしょう?

F4の世界では、優勝をしない限り収入は全くなく、優勝しても100万円ほどの賞金らしいです。

練習台や、マシン代金を代金を考えればすぐに吹っ飛んでしまうような額ですね!

やはりこういったマイナーどころで、収入を得るためには企業にスポンサーについてもらうしかなさそうです。

野田ちゃんの場合は若さ、ルックス、父親が元F1ドライバー、といった点もあるのでたくさんスポンサーはつきそうです。

今の所、子供服で有名なミキハウスがスポンサーについているようです。

9歳:フォーミュラデビューに向けてトレーニング開始

2016年:小学生で世界で初めてF4マシンを走らせる。

2016年7月:ミキハウスがプロ契約しており、さらにはMASジャパンホールディングが17歳以下でも出場できるF4の模擬レースを設立。

2017年3月:岡山国際サーキットFIA-F4コースレコード1分33秒706にあと1秒に迫る走りをみせる。

2017年4月:3台で開催されたレースでは父親と同じデザインのヘルメットに挑み表彰台の頂点に立つ。

F1ドライバーになるためのスーパーライセンスは18歳から出ないと取れないみたいなのですが、あと7年後となりますので、それまで目が離せません!🌟

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ