マーリンズのイチロー、代打安打記録更新!肩に仰木監督の名前

記憶にも記録にも数々の伝説を残してきたイチロー!
今年で44歳になってもなお、進化を続け、どの役割になっても素晴らしい記録を残しているイチローが、今回また一つ記録を作った!

スポンサーリンク

イチロー、マーリンズのシーズン代打安打の球団記録を更新!

2017年8月26日(マイアミ)
マーリンズのイチローがパドレス線の7回に代打で登場し、見事左前打を放ち、シーズンの代打安打数を22本とした。

この数字は2009年にロス・グロードの放ったシーズン代打安打数「21」を超えて、球団新記録となった。

打撃内容詳細

この日イチローは7回無死一塁の状況で打席に入った。相手投手は右投げのマトン投手。
そのマトン投手に対して、バントを2度試みるもイチローには珍しくファールとなってしまった。
しかしその後!ファールで粘りつつ、カウント2-2からの7球目の91マイル(約146km/h)をレフトへと弾き返した。

粘って逆方向へのヒット。イチローらしいヒットですね!w

イチロー、ユニフォームの肩に感謝した人として故仰木監督の名前を刻んで試合に挑んでいた

実はこの日のイチローは肩に、今まで感謝になった人の名前を書く場所へ仰木監督の名前を書いていた。

日本ではあまり見かけませんが、メジャーでは全球団が期間限定で着用する特別なユニフォームが何種類かある。今回はその一種です。

プレイヤーズウィークエンド

今回イチローが肩に仰木監督の名前を書いていたのは、このプレイヤーズウィークエンドというイベントが開催されていたからです。

このイベント、実は今回が初めての開催らしいのです!そこで記録を達成するイチロー、さすが。。。

このイベントでは少年の野球リーグからイメージされた色とりどりのユニフォームを着用し、自分の名前のところには通常の名前ではなく、ニックネームが入れられる。イチローは普段は「ICHIRO」だが、このイベント開催中はニックネームである「ICHI(イチ)」という表記になっている。また、通常とは異なる色のバッティンググローブや、スパイク、バットなどを使用できる。

また、右袖には通常のMLBのロゴの代わりに、リトルリーガーから、メジャーリガーへの成長を表すような、5人のシルエットで表現したロゴになっており、「THANK YOU」という文字があり、自分の成長を支えてくれた人や、組織等を自由に書き込めるスペースが設けられている。

今回、イチローはそこへ仰木監督の名前を書いていた。

やはりイチロー選手、オリックス時代におせわになった仰木監督への感謝の気持ちをずっと持ち続けていたんですね!最近になって様々な場面でイチローの人間らしさが見えてきて、なんだかイチローも同じ人間なんだ、、と思って安心している自分がいますw

メジャーリーグのシーズン代打安打記録更新なるか? 

44歳になっても記録を更新し続ける伝説のイチロー。
シーズン代打安打数のメジャー記録は、1995年にジョン・バンダーウォールが記録した「28」で残り6本に迫っている!!
残り試合数もあと約30試合残っているのでイチロー選手なら、達成してくれそう!!

私自身が野球選手としても、人としても尊敬しているイチロー選手。
50歳になるまで野球を続けてほしいですね!W
今後のイチロー選手の代打安打に要チェックです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ