モスのわらじカツとは?発売期間はいつからいつまでか!カロリーや評判も!

今現在モスバーガーで開催されている、「ご当地創作バーガー決戦」
全国のモスバーガーで、「地元の名物」をキーワードに店舗スタッフからアイデアを募集して商品化をするというキャンペーンをしています!

そして2017年9月から、「揚げ物」をキーワードとし第3回目が絶賛開催中であり、そのバーガーが人気沸騰中とのこと!!

スポンサーリンク

モスバーガーの2017年「ご当地創作バーガー決戦」は1,122件の中から4種発売!

モスから2017年の9月12日から第1弾として【北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用】と【名古屋エビフライバーガー レモンタルタル】が発売されました!!なんと1,122件も応募があったんですね・・・

まずはこちら!おいしそう~!!


そしてなんと!10月中旬までの発売予定だったのですが、【名古屋エビフライバーガー レモンタルタル】に関してはバカ売れしすぎて、9月27日時点で100万食を突破していたそうです!!当初は10月中旬までに120万食を予定していたみたいですので、9月29日の時点ではもう発売終了になってしまいました!!(笑)

お恐ろしや名古屋エビフライ(笑)

ということで急遽、10月17日発売予定だった第2弾の2商品が早めに発売されることになりました~!!

それがこの2つ!

【秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース】と【長崎トルコライス風バーガー】

なんともまた爆発しそうな予感の【秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース】

今回はこの【秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース】について見ていこうと思います~

モスバーガーご当地バーガーのわらじカツとは?

【秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース】の秩父(ちちぶ)とは埼玉県の北西部にある都市です。

そこのご当地グルメにわらじカツ丼というグルメがあります。そのわらじカツ丼をモチーフにした商品が秩父わらじカツバーガーです!

わらじカツ丼とは秘伝のタレにより味付けをされた大きなサイズのカツが2枚乗っているカツ丼のことです。そのカツの大きさがわらじほどあるということからわらじカツ丼と呼ばれているそうです。

ちなみに、わらじカツ丼の場合は一枚目のカツは丼の蓋に乗せて、二枚目のカツを先に食べるというのが正しい食べ方だそうですよ!

こちらが原案↓

この特性のねぎ味噌ソースがとてつもなく気になりますね。

ネギ味噌ソースにはごま油、にんにく、生姜、りんご酢、唐辛子で味付けされているらしいです。とてもクセになる味な気がしますね。

また、味噌や深谷ネギも埼玉県産のものを使用しているそうです!!

スポンサードリンク

モスバーガーの秩父わらじカツバーガーの発売期間はいつからいつまで?カロリーや評判も分析!

当初の発売期間は2017年10月17日から11月中旬の予定だったのですが、先述した通り【名古屋エビフライバーガー レモンタルタル】がうれすぎて発売終了してしまったため、発売期間が早まり10月7日から発売が開始になるそうです!

終了に関しては、今回みたいに売れすぎると早めに終了してしまうかもしれませんので、お買い求めはお早めに~!

「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」のカロリーや味の評判は?

「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」のカロリーについては、まだ公式発表はないのですが、同じく限定メニューとして出ている「北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用」のカロリーは470kcalではあるので、それに近い500kcal数字ではないかと思われます!

あれだけのボリュームがあるので当然かもしれませんね(笑)

モスバーガーはHPにバーガーの詳しい栄養成分情報なども載せてくれているのでうれしいですね!!

「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」の味の評判は?

まだ発売されていないのでわらじカツバーガーに関しては、評判はまだですが楽しみに待っているという声は非常に大きいみたいです!

わらじカツ丼に関してはもうすでに人気のご当地グルメのようですので、美味しいのでしょうね!!!

発売がまだ先なのですが、、、

気長に待ちましょうか~!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ