【全盲芸人】濱田祐太郎の家族や学校は?視覚障がい者用の時計とは

218年の3月6日に放送されたピン芸人の大会「R-1グランプリ」が開催されました

前回の優勝は見事なネタを披露したユリアンレトリィバァ

今回も出場したユリアンレトリィバァは超優勝候補でした。

しかし優勝を飾ったのは濱田祐太郎

もしかすると今回のR-1で知った方も多いかもしれません。

なんと濱田祐太郎さんは生まれつき障害を持っており目が見えないのです。

全盲のお笑い芸人として今回見事R-1優勝に輝きました。

そんな全盲芸人の濱田祐太郎さん

ご家族やご出身の学校は何処なのでしょうか?

全盲でココまでこれたのも周りの方のサポートはあってのことだと思います

またコメントの際に「練習では視覚障害者用の時計を使っている」とおっしゃっていましたがどんな時計なんでしょうか?

そのあたりも見ていきましょう~!!

スポンサーリンク

【全盲芸人】濱田祐太郎の家族や学校は?

2018年のR-1グランプリはこれまでになく感動してしまいました。

濱田祐太郎さんは先導者の方に連れられ漫才のポジションへ

全盲ということでちょっと「笑いづらい」という一面を吹き飛ばす面白いネタ

私の好きなキーワードは「迷ったら笑ってくださいね(笑)」

この一言が好きです(笑)

濱田祐太郎さんご自身は現在独身だそうです。

そして普通にご両親に育てられました。

生まれつき視力が悪く学校は不登校・・・

濱田祐太郎さんは視力は悪かったものの、普通の小学校、中学校へ通ったそうです。

しかしその中で不登校になってしまったという・・・

漫才に興味を持ったのは小学6年生の時にみた「ビッキーズ」という番組

高校は盲学校へ通い、指圧などのマッサージの国家資格を取得したそうです。

その資格をもちマッサージでアルバイト、お金をためて吉本へ入ったそうです。

すごい精神力の持ち主だと思いますし、お笑いに出会ってくれてよかったと心から思います(*´ω`*)

【全盲芸人】濱田祐太郎が練習などで使っている視覚障がい者用の時計とは

スポンサードリンク

「R-1」で優勝した濱田祐太郎さん

練習では時間をどう把握しているのかという質問に視覚障害者用の時計を使っていますと語っていましたが、一体どんな時計なのでしょうか??

見てみましょう~!

文字盤を触って時間を確認する腕時計タイプ

音声で時間を確認する腕時計タイプ

音声で時間を確認する置き時計タイプ

音声で時間を確認する持ち運び時計タイプ

いろいろあるのですね!!

知りませんでした。

普段何気なく生活している私達。

何不自由なく生活できているのはとても素晴らしいことですね。

そして濱田祐太郎さんを影で支えてくれていたのは溝口幸雄さん!

2018年の「R-1グランプリ」で優勝をしたのはなんと全盲芸人の濱田祐太郎さんでした。 左目はほぼ全盲、右は光を少し感じれるくらいだと...

さいごに

今回はR-1グランプリで見事優勝した濱田祐太郎さんについてでした!!

全盲という普通であればハンデと捉えてもおかしくない点を、お笑いという場所へ持ってきたのはとても尊敬できます。

ぜひこれからも頑張って欲しいですね!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ