2017》鍬原拓也実家が貧乏でも巨人が1位指名!妹や母親との苦悩の末に

現在熱視線が送られているプロ野球ドラフト会議
毎年毎年熱いドラマが繰り広げられるのだが、果たして今夜はどんなドラマがあったのだろうか?

今回は巨人のドラフト1位指名の「鍬原拓也」選手について

おそらくあまり聞いたことはないかもしれない。

巨人はこの鍬原拓也選手を外れ外れ1位で獲得しました。

実家が非常に貧乏で、学生時代やドラフト指名日まで妹や母親には苦労をかけたそうです。

そんな苦悩の先にプロ野球名門の巨人へ入団

家には的当ての板があり、野球選手ではあまり見ない紫色のグローブ。

母親と娘さんとの絆が築き上げた若きピッチャーの鍬原拓也選手に迫ります。

※2018年6月14日にプロ初勝利をしましたね(*´ω`*)

スポンサーリンク

鍬原拓也!実家が貧乏でも強い母との絆

鍬原拓也選手の実家は非常に貧乏だったそうです。

家賃は4000円、親は離婚しシングルマザーで息子と娘の二人を育てなくてはいけない状況。

鍬原拓也選手が野球を始めたのは小学生の時

プロ野球選手になると決めたのは母親のためでもあった

プロ野球選手になればお金を稼ぐことができて母親を楽にできる!

そんな思いがきっかけだったそうです。

しかし貧乏な家庭。遠征に行くのにお金がなく、母親が近所に遠征費を集めるために募金を募ったのだとか。

しかし中学生の時に肘を怪我・・・

度重なる医療費に、家計を圧迫するのが辛くなり母親を楽にするために野球をやっているのに皮肉にもその野球が母親をさらに大変にさせてしまっている。

こんなのでは意味がない・・・・「野球をやめたい」

本音ではないながらもそんな風に思うようになった。

しかし母親と息子は覚悟を決めて前へ進むことに!!

とても感動的です!!

一概にすごく貧乏な家庭が不利という訳ではありませんね。

これは日本全国の野球をしている人に勇気を与えているのではないでしょうか??

2017年のドラフトで巨人が1位指名!妹や母親との歓喜の瞬間

スポンサードリンク

そん鍬原拓也選手!

2017年のドラフト当日を迎えて、母親妹ともに緊張な面持ちで見つめるドラフトのライブ中継

そしてなんと・・・

プロ野球の名門読売巨人軍が1位指名

あの巨人が鍬原拓也選手を外れ外れながらも1位で指名しました!!

嬉しさのあまり涙を流す、母親と妹さん。

間違いなく家族孝行ができた瞬間だった。

紫色のグローブ

それは母親の好きな色だった。

プロ野球選手になれる確率は本当に微々たる確率です。

しかし心の芯の強さ、母親、妹との絆が数々の支障を乗り越えさせてくれたのでしょう。

プロに入ってから、険しい道にはなると思いますが、素晴らしい選手になって欲しい限りです。

本当に感情移入してしまって涙が出そうになりました。。。

誰もが応援したくなる選手だろうと思います。

最後に

今回は鍬原拓也選手についてでした。

本当にこういった家族物語は感動しますし、すごく応援したくなります。

プロ野球選手なんてなりたいと思ってなれるものではありません。。。

桑原拓也選手には今後本当に頑張って欲しいです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

今、高校球児たちが甲子園球場で白熱した戦いを見せています。 プロ野球も良いですが、やっぱり高校球児たちの青春、一球一球に魂を込めて本気...
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ